東道後のそらともり

NEWS

お知らせ

冬の医食同源プラン【12/1~】

2021.12.2
  • ボディケア

健康の増進のためには医療も食事も本質的に同じで 共に重要という意味の医食同源コロナ禍の今 ココロとカラダの健康について考える機会が増える中 注目されています。
今季は秋、秋分を境に、エネルギーが「陽」から「陰」へと入れ替わることで心身の状態が大きく変化し、対応ができないと不調に繋がります秋は五行では「金」に属し、身体で表すと「」と「大腸」この時期、肺と大腸をケアし、しっかり働ける状態にすることが大切です。内臓を温め、からだに潤いをあたえるケアを食と施術の両面から行い次に迎える冬に向けて心身を整えていきましょう。

【冬の医食同源プラン】入浴+食事+施術
↑お食事と心身のバランスに必要なケアをセットにしたプラン※要予約
【冬の医食同源プラン】入浴+食事
↑お食事と入浴だけを楽しみたいお客様※要予約
【冬の医食同源2食付き宿泊プラン】
↑半露天風呂付のお部屋でゆっくり1泊2食付き※要予約

【温活・腸活コース(和食)】

冬は身体を温めて生命力を補い、芽吹きの春へ向けて備える季節です。血流を促す効果のあるスパイスや、身体の中から温めてくれる食材、また免疫力UPや生命の源となる血を造り出す栄養素などを取り入れました。寒い冬を乗り超え、元気な身体づくりができるメニューです。

 

前菜盛り合わせ

・チリコンカンの春巻き《良性のタンパク質やミネラル、ビタミンを豊富に含む豆類を使いました。クミンを効かせた、本格的な味わいに仕上げています》
・大麦と彩り野菜のサラダ《大麦は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良く、整腸作用が期待できます。ポン酢のジュレを乗せ、ヘルシーな味付けに仕上げました。》
・里芋団子の柚子胡椒あんかけ《里芋は滋養強壮・消化を助ける働きがあり、夏で疲弊した身体に取り入れたい食材です。ねっとり感とほくほく感、どちらも味わっていただけるようなメニューです。》
・焼き蕪とサーモンのカルパッチョ《蕪は温性の食材で、身体を温める働きがあります。特に腹部の冷えから起こる痛みや消化不良に効果があります。》
・アボカドフィンガー《気軽につまめる、みんなが大好きなメニュー。》

■主菜:薬膳鍋
身体を温め、免疫力UPも期待できる薬膳鍋。具材に入れた黒きくらげなどの黒い食材は、生命力と免疫力の源になる為、特に冬に食べていただきたい食材です。

■副菜:鰤と牡蛎の唐揚げ
旬の牡蛎は、鉄や亜鉛が豊富で血を補い、疲れた体を整える働きがあります。鰤も冬が旬で、血液をサラサラにする効果のあるDHAやEPAを含んだ脂がたっぷり乗っています。

■主食:蟹とイクラ乗せ玄米ごはん
ビタミンや食物繊維が豊富な玄米。蟹は、肝臓の働きを良くして血の滞りを解消する働きのあるタウリンを豊富に含みます。お好みでだし茶漬けもお楽しみください。

■デザート:オーツ麦とアーモンドのケーキ ~焼きリンゴとアイスを添えて~(※ケーキはGF、バター・乳製品不使用、白砂糖不使用)

身体を冷やす小麦を使わず仕上げたグルテンフリーのケーキ。また、生地の中やトッピングにたっぷりと使ったアーモンドは低糖質でありながら、ビタミンE(血流改善や抗酸化作用など)や鉄分、食物繊維が豊富です。食物繊維が豊富なオーツ麦も加えて、お腹の中から綺麗になれるケーキに仕上げました。またりんごは平性の食材でどんな体質の方にもたくさん召し上がっていただける果物です。

 

【アンチエイジングコース(洋食)】

リコピンやビタミンACEといった抗酸化作用の高い栄養素を含む食材や、代謝の促進が期待できるような食材、また麹など身体の中から綺麗になれる食材を沢山使用したメニューです。身体の中が綺麗になると、血流に乗って肌や髪にも効果が出ます。アンチエイジングを意識してみませんか?

前菜盛り合わせ

・チリコンカンの春巻き《良性のタンパク質やミネラル、ビタミンを豊富に含む豆類を使いました。クミンを効かせた、本格的な味わいに仕上げています》
・大麦と彩り野菜のサラダ《大麦は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良く、整腸作用が期待できます。ポン酢のジュレを乗せ、ヘルシーな味付けに仕上げました。》
・里芋団子の柚子胡椒あんかけ《里芋は滋養強壮・消化を助ける働きがあり、夏で疲弊した身体に取り入れたい食材です。ねっとり感とほくほく感、どちらも味わっていただけるようなメニューです。》
・焼き蕪とサーモンのカルパッチョ《蕪は温性の食材で、身体を温める働きがあります。特に腹部の冷えから起こる痛みや消化不良に効果があります。》
・アボカドフィンガー《気軽につまめる、みんなが大好きなメニュー。》

■主菜:牡蛎とほうれん草のパイ包み
牡蛎とほうれん草、どちらも鉄分を豊富に含んでいます。更に旬のほうれん草はカロテンだけでなくビタミンCや葉酸も豊富で、これらは造血作用があるので食べ合わせることで血を補う相乗効果が期待できます。血流が良くなると肌の調子もよくなります。ホワイトソースは豆乳を使用し、グルテンフリーです。

■副菜:ローストビーフサラダ
低温調理で仕上げるローストビーフは、シミ・シワのもとになるAGE(最終糖化産物)という悪性物質が低いです。更に、えごま油や醤油麹を使ったドレッシングで抗酸化作用も期待できます。

■主食:トマトのリゾット
最強の抗酸化作用であるリコピンを豊富に含むトマトを使ったリゾット。セロリ等の野菜が中心で、シンプルな味付けに仕上げています。

■デザート:オーツ麦とアーモンドのケーキ ~焼きリンゴとアイスを添えて~(※ケーキはGF、バター・乳製品不使用、白砂糖不使用)

身体を冷やす小麦を使わず仕上げたグルテンフリーのケーキ。また、生地の中やトッピングにたっぷりと使ったアーモンドは低糖質でありながら、ビタミンE(血流改善や抗酸化作用など)や鉄分、食物繊維が豊富です。食物繊維が豊富なオーツ麦も加えて、お腹の中から綺麗になれるケーキに仕上げました。またりんごは平性の食材でどんな体質の方にもたくさん召し上がっていただける果物です。

一覧へ戻る

この記事をシェアする